新着記事

2015年11月30日

「近畿計量大会」が2015年11月27日午後に、神戸市の神戸メリケンパークオリエンタルホテルで開かれる。

「近畿計量大会」300名ほどの関係者が集って開かれる。
w2015-11-27-koube-kaigi-1-001-1-.jpg

兵庫県協会会長の川西勝三氏(大和製衡社長)による議題の説明。
w2015-11-27-koube-kaigi-1-080-1.jpg

説明に使われたパネル。
w2015-11-27-koube-kaigi-1-053-1-.jpg

三浦裕幸計量行政室長が計量法関連の政省令改正を次年度(平成28年度)中に行うことを説明。
w2015-11-27-koube-kaigi-1-091-1-.jpg

「近畿計量大会」が2015年11月27日午後に、神戸市の神戸メリケンパークオリエンタルホテルで開かれる。

計量協会はハカリの定期検査業務で欠損の会計を慢性的に強いられている

これは計量行政の在り方の致命的な欠陥である


(リード)
 近畿地域の計量協会がもちまわりで開いている「近畿計量大会」が2015年11月27日午後に、神戸市の神戸メリケンパークオリエンタルホテルで開か れ、計量士、計量器事業者にくわえて計量関係行政組織の来賓などを含めて三百名ほどた参加した。議題として計量業行政の根幹業務でもあるハカリの定期検査 の実施組織が計量協会になっている状態にあって、協会運営は苦難をつづけていて年度会計が赤字になっているという非常事態にあることが発表された。

(本文)

1、県の指定を受けての県協会によるハカリの定期検査事業が慢性的に赤字になる欠陥が指摘される。

実質の議案は都道府県が実施主体であるハカリの定期検査の実施の在り方であった。府県の計量協会を指定する形で託されてハカリの定期検査がなされている状 態にあって、計量協会はハカリの定期検査業務で欠損の会計を慢性的に強いられていることは、計量行政の在り方の致命的な欠陥であることが指摘された。

議題を提案したのは兵庫県計量協会であり、この議題を同協会会長の川西勝三氏(大和製衡社長)が説明した。

 兵庫県の計量行政組織は兵庫県計量課であり、平成9年度から兵庫県計量協会が計量法が規定する指定検査機関に計量協会を指定して、ハカリの定期検査を実施してきている。指定時に計量課の職員が27名いたのが現在は5名になっていて、この間に22名が減員されている。

 指定の規定にしたがって計量士がハカリの定期検査業務をするときの日当は1万6千円であり、この分は県から指定に関係する検査費用として手当てされてい る。しかし指定を受けての定期検査業務は総合すると計量協会の支出が収入を上回る状態がつづいている。この状態に耐えられるような協会の財政状態ではな く、赤字分を会員からの会費で補うという県が実施の主体であるハカリの定期検査の在り方の現状には大きな問題がある。

2、三浦裕幸計量行政室長が計量法関連の政省令改正を次年度(平成28年度)中に行うことを説明。

通産相産業技術環境局計量行政室から来賓として出席した三浦裕幸計量行政室長が協議議題のあとに大略次のように行政室が考えていることを説明した。

 計量法関連の政省令改正を次年度(平成28年度)中に行う計画でおり、関係の計量行政機関や計量協会などに意見を聞いている状況であり、今年(平成27年)中に筋道をつけて、平成28年度には政省令の改正を行う。

憲法、民法、刑法などや計量法といった基本となる法の改正をするとなると、その在り方を変えることになるので、計量法そのものを改正するのではなく計量法関連の政省令を改正することによって対処していく。
posted by 日本計量新報社 at 10:45| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

東京都計量協会の平成27年度計量記念日のつどい

東京都計量協会の平成27年度計量記念日のつどい
局長表彰、会長感謝状などを挙行
 
IMG_5811.jpg

IMG_5872.jpg

(一社)東京都計量協会(清宮貞雄会長、略称=都計協)が主催の「平成27年度計量記念日のつどい」は、11月10日の午後、東京都港区海岸のホテルアジュール竹芝で開かれた。

計量記念日のつどいは、都計協が11月の計量強調月間を推進し、また会員間の交流を深める目的で、東京都生活文化局長感謝状、東京都計量協会会長表彰、計量強調月間標語の入選作の表彰など、各種表彰をおこなっている。

計量記念日のつどいは、物部稔都計協事務局長が司会進行し、清宮貞雄都計協会長のあいさつ、戸谷嘉孝東京都計量検定所長のあいさつのあと、東京都生活文化局長感謝状の伝達(3名・1事業所)、(一社)東京都計量協会会長表彰状の授与(5名・1事業所)、受賞者を代表して山口精一氏(ワーク衡業)から謝辞があった。つづいて東京都計量管理研究部会から計量強調月間標語の入選作に表彰状の授与がおこなわれた。

来賓を代表して河住春樹(一社)日本計量振興協会専務理事から祝辞があり、第1部の式典が閉会した。会場を移して懇親パーティーを開き、清宮会長からのあいさつのあと、来賓の矢澤英人(一社)日本科学機器協会会長の音頭で乾杯し、出席者は懇親を深めた。

各種受賞者は次のとおり。

■東京都生活文化局長感謝状(敬称略)
▽経営者の部(2名)=大森規雄(共栄衡器株社長)、渡部洋士(株渡部計器製作所社長)▽計量士の部(1名)=前川昭(株前川試験機製作所力計校正室取締役室長)▽事業所の部(1事業所)=生活協同組合コープみらい戸山店

■東京都計量協会会長表彰状(敬称略)
▽経営者の部(3名)=山口精一(株ワーク衡業代表取締役社長)、横田茂子(株横田計器製作所取締役)、木幡俊哉(江東矢崎サービス株専務取締役)

▽従業員の部(2名)=阿部正一(長野計器株製造本部品質保証部)、清水美則株日本化薬東京製造部施設担当主管)

▽事業所の部(1事所)=森永乳業株式会社東京工場

■計量強調月間標語(敬称略)
▽最優秀作品(2名)=「心を込めて正しい計量つなぐ安心確かな信頼」稲見朋子(中外製薬工業株浮間工場品質管理第一グループ)、「正しい知識と確かな技術信頼つなぐ計量管理」桂島亨弘(東日本旅客鉄道株東京支社東京総合車両センター設備課)

▽佳作作品(3名)=「小さな目盛で確かな安心みんなで築こう計量管理」米山里奈
(森永乳業株東京多摩工場DYコントロール)、「計量器正しい管理正しい使用みなに届ける確かな信頼」久保勝也(中外製薬工業株浮間工場総務グループ)、「安全・安心届ける信頼おもてなしの心で確かな計量」山口博之(中外製薬工業株浮間工場製造第製造)
posted by 日本計量新報社 at 13:53| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 計量関係団体ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

メジャーテックツルミの計量展示会と講演会開催

メジャーテックツルミの計量展示会と講演会開催

11月30日(月)、川崎市産業振興会館で



(株)メジャーテックツルミ(横須賀英樹社長)は、自社主催の計量展示会と講演会を、11月30日(月)、川崎市産業振興会館で開催する。

今回の展示会・講演会のテーマは「防爆ってなに?」。

会場にはメーカー各社の防爆関連商品を展示し、製品の性能や仕様を同社およびメーカースタッフが説明する。講演は、(株)クボタ計装の溝口高宏氏による「ゼロからわかる防爆の知識」。

同社が新体制になって初めての展示会になる。

【テーマ】防爆ってなに? ゼロからわかる防爆の知識
【日時】11月30日(月)、13時〜17時(14時講演予定)
【会場】川崎市産業振興会館1階ホール(神奈川県川崎市幸区堀川町66―20)
【主催】(株)メジャーテックツルミ
【展示メーカー】▽(株)クボタ▽大和製衡(株)▽(株)寺岡精工▽(株)エー・アンド・デイ▽新光電子(株)▽(株)サンナイオートメーション▽(株)メジャーテックツルミ
【講演】ゼロからわかる防爆の知識((株)クボタ計装営業課長溝口高宏)
【問い合わせ先】同社営業担当(横須賀)=電話044―244―4379、電子メールh-yokosuka@measure.co.jp
posted by 日本計量新報社 at 15:15| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 計量関係企業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿計量大会《兵庫県大会》特集のご案内

近畿計量大会《兵庫県大会》特集のご案内


 今年11月27日に全国の計量関係者注目の「近畿計量大会」が、兵庫県で開催されますが、本紙では同大会を地元はもとより全国の関係者に詳報したいと存じ、例年表題のように「近畿計量大会特集」を企画しております。

例年の同特集は、大会の模様を2ページにわたり詳報してきました。毎回大会では豊富な内容を全国の関係者にアピールするなど大変意義深いものがありました。

こうした近畿地区の動向は全国の計量関係者に大きな影響を与えております。毎年の同特集には、近畿圏の有力企業の皆様の広告を特別にいただきまして、意気盛んでしかも発展する近畿地方のイメージを大きくアピールしております。

 同大会の意義をさらに高めることへの願いをこめて特集を行ないたいと存じます(別紙の特集見本をご参照ください)。

 下記要領の広告につきまして格別のご支援とご協力をぜひともよろしくお願い申し上げます。

【広告のお願い】

 ご予算とデザインに合わせられるよう各種ご用意しております。別紙の広告申込書をご参照下さい。

 そのほかご不明な点は、お気軽に御相談下さい。(TEL 03-3295-7871  担当 小野 )

 1.特集号発行日 平成27年12月20日

 2.広告原稿締切 平成27年12月 4日

 3.広告料金 お問い合わせさい。
posted by 日本計量新報社 at 11:55| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 日本計量新報社の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年関東甲信越計量大会特集のご案内

2015年関東甲信越計量大会特集のご案内


  本紙では、10月23日に東京都台東区浅草で開催されました「平成27年度関東甲信越地区計量協会・計量士会合同連絡協議会」を、地元はもとより全国の関係者に詳報したいと存じ、「平成27年度関東甲信越計量大会特集」を企画致しました。

 関東甲信越の計量関係の動向は、全国の計量関係者に大きな影響を与えております。今年も、同大会の意義をさらに高めることへの願いをこめた特集にしたく存じます。

 つきましては同特集に、主催県を中心に関東甲信越の皆様の広告を特別にいただきまして、意気盛んでしかも発展する関東甲信越各県の計量関係のイメージを、大きくアピールさせていただきたく存じます。

 下記要領の広告につきまして格別のご支援とご協力をぜひともよろしくお願い申し上げます。


【広告のお願い】

ご予算とご希望のデザインに合わせられるよう、各種ご用意しております。広告料はお問い合わせ下さい。その他ご不明な点は、お気軽に御相談下さい。

TEL 03-3295-7871  担当 小野、高松

【広告原稿締切り日】 12月7日(月) 

【特 集 発 行 日】 12月13日(日)
posted by 日本計量新報社 at 11:48| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 日本計量新報社の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

東日製作所 HMDを使用した作業支援システム

東日製作所 HMDを使用した作業支援システム
誰でも「正しい締付け作業・トルク管理」が可能。


 (株)東日製作所(東京都大田区大森北2−2−12、辻修社長)は、ウェアラブル端末を使用した「締付け作業支援システム」を第44回東京モーターショー2015に参考出品として出展した。
 同支援システムは、熟練した作業者でなくても正しい締付順序や締付けトルクでの作業を実現。さらに熟練した作業者にありがちな、締め忘れ等の「ポカミス」の防止が可能。また締付けトルクデータは自動収集されるので、手入力の手間と誤入力をなくすことが目的。  複眼式透過型のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)により、「今見ている締付対象の実物(ワーク)の上に締付順序等の作業指示や締付けトルクデータ」が表示さる。

 作業例として、

(1)HMDとデジタルトルクレンチをブルートゥース接続し、締付け条件などの諸データを共有。

(2)締付け作業開始。締付対象のワークを見ると、次に締めるべきボルト頭部外周に赤のリングマークが表示され、締付順序を作業者に指示。

(3)締付けると赤のリングマークが青のリングマークに切り替わる。同時にデジタルトルクレンチからの締付けトルクデータと締付けた時間がHMDに送信され、HMD表示部内右上にデータが表示される。

(4)次に締付けるべきボルト頭部に赤のリングマークが移動・表示される。(以下規定の本数まで2)〜4)を繰り返す)

(5)規定本数を締付けると青のリングマークだけになり作業終了となる。

 今後の展開といしては、同社では現状、単眼式と複眼式のHMDを利用したシステムを研究している。さらに今後急速に発展するウェアラブル機器の動向を注視しつつ、「誰でも・簡単に信頼性の高い締結作業」が可能なシステムを開発していく。

posted by 日本計量新報社 at 11:58| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本科学機器協会創立70周年記念祝賀会を挙行

日本科学機器協会創立70周年記念祝賀会を挙行
11月16日、帝国ホテル(東京)

戦後復興とともに協会を設立、会員一同さらなる飛躍を期す

IMG_6083.jpg
矢澤会長のあいさつ 

IMG_6068.jpg
会場のようす

IMG_6074.jpg
的川氏の記念講演

IMG_6121.jpg
大臣表彰をうける柴田氏

 (一社)日本科学機器協会(矢澤英人会長)は、11月16日の午後、同協会創立70周年記念祝賀会を東京都千代田区内幸町の帝国ホテル富士の間で開催した。祝賀会は3部構成で、記念講演、式典、祝宴が執りおこなわれた。

  3部構成の第1部は記念講演を実施した。演題は、「はやぶさ」から「はやぶさ2Jへ―日本の宇宙展望―で講師には「はやぶさ」計画の中心人物だった的川泰 宣JAXA宇宙航空研究開発機構名誉教授。「はやぶさ」の開発話や命名時の話、文科省役人との交渉話、「はやぶさ2」への期待を講演した。

  第2部は、70年の歴史をたどったスライド映写にあと、国歌斉唱、矢澤英人会長の式辞(別項参照)、林幹雄経済産業大臣(佐脇紀代志産業機械課長が代 読)、馳浩文部科学大臣(渡辺その子研究開発基盤課長が代読)、藤代昭東京理科大学学長から来賓祝辞が述べられた。つづいて表彰式が執り行われ、経済産業 大臣表彰(3氏)、会長感謝状(7氏)、功労者表彰(4氏、4企業)それぞれに賞状が贈られた。

 祝宴は、矢澤会長のあいさつのあ と、来賓の栗原権右衛門(一社)日本分析機器工業会会長の音頭で乾杯した。式典での矢澤会長の式辞は次の通り。 当協会は、大正8年創立の東京理化学器械 同業組合および昭和16年設立の日本理化学機器工業組合に原点を見ることができるが、昭和19年7月の戦時中に残念ながら解散に至った。昭和20年12月 10日にいち早く科学機器業界は日本理化学機器協会を創立、これを始点として経済統制の苦境を乗り越え、昭和23年5月には日本理化学機器商工会に改組、 また、昭和35年7月に組織改革により名称を日本科学機器団体連合会に改め、さらには平成24年4月の法人化を経て戦後70年間の歴史を紡いきた。

  現時点で、全国の会員数は約1100社を数え、協議会である全国10地区の科学機器協会との連携をさらに深めつつ、これからも本会の発展と会員企業の繁栄 に寄与していきたい。そのために、全会員が一致団結しながら新たにグローバル社会への対応と業界全体の発展に向け、さらなる飛躍を期して一緒に取り組んで いきたい。

◇受賞者一覧
■経済産業大臣表彰
▽柴田晴通▽中川清美▽岡野忠弘
■会長感謝状
▽濱地聖▽関谷幸弘▽木崎民生▽矢野勇▽松井義之▽西松正武▽下平武
■功労者表彰
▽久本泰秀▽木ノ切恭治▽大橋正臣▽蔵満邦弘▽(株)太洋堂▽文昌堂印刷(株)▽科学新聞社▽フジサンケイビジネスアイ

posted by 日本計量新報社 at 11:56| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

日本科学機器協会創立70周年記念祝賀会を挙行

日本科学機器協会創立70周年記念祝賀会を挙行
11月16日、帝国ホテル(東京)

戦後復興とともに協会を設立、会員一同さらなる飛躍を期す


 (一社)日本科学機器協会(矢澤英人会長)は、11月16日の午後、同協会創立70周年記念祝賀会を東京都千代田区内幸町の帝国ホテル富士の間で開催した。祝賀会は3部構成で、記念講演、式典、祝宴が執りおこなわれた。

  3部構成の第1部は記念講演を実施した。演題は、「はやぶさ」から「はやぶさ2Jへ―日本の宇宙展望―で講師には「はやぶさ」計画の中心人物だった的川泰 宣JAXA宇宙航空研究開発機構名誉教授。「はやぶさ」の開発話や命名時の話、文科省役人との交渉話、「はやぶさ2」への期待を講演した。

  第2部は、70年の歴史をたどったスライド映写にあと、国歌斉唱、矢澤英人会長の式辞(別項参照)、林幹雄経済産業大臣(佐脇紀代志産業機械課長が代 読)、馳浩文部科学大臣(渡辺その子研究開発基盤課長が代読)、藤代昭東京理科大学学長から来賓祝辞が述べられた。つづいて表彰式が執り行われ、経済産業 大臣表彰(3氏)、会長感謝状(7氏)、功労者表彰(4氏、4企業)それぞれに賞状が贈られた。

 祝宴は、矢澤会長のあいさつのあ と、来賓の栗原権右衛門(一社)日本分析機器工業会会長の音頭で乾杯した。式典での矢澤会長の式辞は次の通り。 当協会は、大正8年創立の東京理化学器械 同業組合および昭和16年設立の日本理化学機器工業組合に原点を見ることができるが、昭和19年7月の戦時中に残念ながら解散に至った。昭和20年12月 10日にいち早く科学機器業界は日本理化学機器協会を創立、これを始点として経済統制の苦境を乗り越え、昭和23年5月には日本理化学機器商工会に改組、 また、昭和35年7月に組織改革により名称を日本科学機器団体連合会に改め、さらには平成24年4月の法人化を経て戦後70年間の歴史を紡いきた。

  現時点で、全国の会員数は約1100社を数え、協議会である全国10地区の科学機器協会との連携をさらに深めつつ、これからも本会の発展と会員企業の繁栄 に寄与していきたい。そのために、全会員が一致団結しながら新たにグローバル社会への対応と業界全体の発展に向け、さらなる飛躍を期して一緒に取り組んで いきたい。

◇受賞者一覧
■経済産業大臣表彰
▽柴田晴通▽中川清美▽岡野忠弘
■会長感謝状
▽濱地聖▽関谷幸弘▽木崎民生▽矢野勇▽松井義之▽西松正武▽下平武
■功労者表彰
▽久本泰秀▽木ノ切恭治▽大橋正臣▽蔵満邦弘▽(株)太洋堂▽文昌堂印刷(株)▽科学新聞社▽フジサンケイビジネスアイ
posted by 日本計量新報社 at 12:35| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

【計量新報ニュース】A&Dの非接触型体温計が販売累計4万台突破

エー・アンド・デイの非接触型体温計「でこピッと」
発売約4ヶ月で累計4万台突破


 株式会社エー・アンド・デイ(東京都豊島東池袋3-23-14、古川陽社長)は、おでこで素早く測定できる非接触体温計「でこピッと(UT-701)」を、今夏7月1日から販売し、販売台数が早くも累計4万台を突破した。
 「でこピッと」は、測定の速さや、肌に触れず安全という衛生面、コンパクトでキュートなデザイン、そして手頃な価格などの理由から、小さい子供を持つ保護者や、中高年の女性を中心に支持を得ている。
 ドラッグストア、調剤薬局、介護ショップ、家電量販店などで購入されているほか、保育・介護施設、病院での利用も増えている。
【「でこピッと」の特長】
  • 「でこピッと」は測定時間が約1秒とスピーディーかつ手軽なので、体温測定機会が増え、体調の確認や体調変化を早期に発見することができる。朝の忙しい時間や、じっとしていられない子供でもすぐに測定ができ、短時間に多人数の測定が可能なので、老健施設や学校、会社などでの使用にも適している
  • 測定は簡単で、おでこに「でこピッと」の先端を向けてスタートボタンを押すだけ。非接触型なので肌に触れずに測定でき、皮膚からの接触による感染が抑えられて衛生的。そして測定毎の消毒が不要で、寝ている方を起こさずに検温がおこなえる

  • 本体は手になじみ、握りやすい卵型の小型でシンプルなデザイン。さらに重さ約60g(卵1個分)という軽量サイズを実現した。体温計として使用しない時は、ベッドサイドやリビングのカウンターに置けるスタンド型で、室内温度を表示することができる

  • そのほかに、3種の温度を測定可能(体温計・温度計・室温表示)。37.5℃以上の発熱をブザー音で知らせる発熱アラーム。操作時のブザー音入切機能を搭載。体温25データを記録可能な自動メモリ。好みの色が選べるカラーバリエーション(ブルー・イエロー・ピンク)。乳児から大人まで測定可能

img_80275_1.jpg
額に近づけて、ボタンを押すだけの簡単操作
img_80275_2.jpgimg_80275_3.jpgimg_80275_4.jpg
お好みで、ブルー、ピンク、イエローの3色を用意

普段は室温計や温度計としてに使えて、いざという時にすぐに体温計に早変わり!
posted by 日本計量新報社 at 13:39| 東京 🌁| 計量関係企業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。