新着記事

2007年09月14日

日本計量新報1面記事-(1)【2007年9月16日 (2691号)】

第58回計量士国家試験
2008年3月2日(日)、全国9カ所で実施


願書受付は、10月15日(月)〜31日(水)まで
願書配付は、10月1日(月)〜10月31日(水)まで


2008年実施の第58回計量士国家試験が、2008(平成20)年3月2日(日)に全国9カ所で実施される。願書受付は、10月15日(月)〜31日 (水)まで。計量士は、出願者が1万人を超す国家資格である。近年では環境への関心が高まっていることもあり、とくに環境計量士への出願が多い。第57回の合格者は、209名(受験者数1025名、合格率20.4%)、環境計量士は合格者783名(受験者数5983名、合格率13.0%)である。受験資格に制限はない。経済産業省が主導する計量制度の見直し過程でも、計量士の活用が検討されており、今後も社会の重要な役目を担う国家資格である。試験案内は官報や経済産業省のwebサイト(http://www.meti.go.jp/information/data/c70531a03j.html)に掲載している。(関連記事2面)
計量士は計量法第122条に規定された国家資格である。計量に関する専門知識・技能を有する者に資格を与え、適正な計量の実施を確保することが目的である

計量士は一般計量士、環境計量士(濃度関係)、環境計量士(騒音・振動関係)の3つの区分に分かれている。計量士になるには、経済産業大臣の登録を受けなければならない。

登録には(1)計量士国家試験に合格し、かつ経済産業省令で定める実務経験その他の条件を満たす、(2)(独)産業技術総合研究所計量研修センターが実施する一般計量教習(通常年2回実施、入所期間3カ月)と特別教習を修了し、実務経験などの条件を満たし、かつ計量行政審議会の認定を得る、のいずれかの方法をとる。

合格基準は約6割の正答率


経済産業省では、2001年から計量士国家試験の合格基準を明らかにしている。2007年3月4日実施の第57回計量士国家試験の合格基準は、以下の2つの条件を両方とも満たすものであった。ただし、科目の試験免除がある受験者は、(1)を満たせばよい。

(1)専門2科目の合計

▽試験区分が環境計量士(濃度関係)にあっては、108点以上(27/50 問)

▽試験区分が環境計量士(騒音・振動関係)にあっては、108点以上(27/50問)

▽試験区分が一般計量士にあっては、120点以上(30/50問)

(2)共通2科目の合計

▽全試験区分とも、120点以上(30/50問)

【試験期日】2008(平成20)年3月2日(日)

【試験場所(試験地)】北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

(次号以下へつづく)
posted by 日本計量新報社 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 「計量計測データバンク」更新のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55289464

この記事へのトラックバック